bluetoothとの接続も1タッチ!おしゃれなヘッドホンBeats Solo3 Wirelessを夫婦レビュー!

こんにちは、しばふさん(@watolog)です!

Bluetoothの登場でケーブルなどがかさばらずに音楽を聴けるようになりましたが、

それにしてもヘッドホンやイヤホンって種類が多いですよね。

ヘッドホンにしてもシンプルなつくりのものから、太くてごついものまであってなんだか選ぶのも大変。

家電量販店では試しにつけてみて視聴することも可能ですが、たくさんのヘッドホンを一つずつ試していく…なんていうのは難しい…

ということで今回は、シンプルでおしゃれなBeats ElectronicsのBeats Solo3 Wirelessをご紹介します。

Beats Solo3 Wirelessってどんなもの?

それではBeats ElectronicsBeats Solo3 Wirelessとはどんな商品なのか、

ブランドであるBeats Electronicsの説明と合わせてご紹介します。

Beatsとは

Beats Electronics(ビーツエレクトロニクス)とは、ヘッドフォンやスピーカーをはじめとしたオーディオ機器のブランドのことで、

設立は2008年と比較的若い企業ですが、初めて販売した製品が続々と後続機を生産するヘッドフォンのBeats Studioという超実力派集団です。

なお、Beats Electronicsは2014年にAppleに買収され、Appleの傘下となっています。

Beats Solo3 Wirelessとは

【新品未開封】beats by dr.dre イヤホン・ヘッドホン solo3 wireless MNEP2PA/A [グロスホワイト] [タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 駆動方式:ダイナミック型]
created by Rinker
Beats Solo3Wirelessは、Appleの傘下であるBeats Electronicsが販売しているヘッドホンで、

特徴は以下のとおりです。

最長40時間持続するバッテリーを搭載
Appleデバイス間での設定や切り替えをシームレスに行うことができる
5分の充電で約3時間の再生が可能
カラーのバリエーションが豊富

 

Beats Solo3Wirelessを購入するまでの経緯

元々私はイヤホンやヘッドフォンに対しては以下のような考えをもっていました。

・音の違いなんてないから格安のものでもよい。

・別に100円ショップのものでも良くない?

そんな100円ショップのイヤホンを使っていた私が、

なぜ段階を踏まずにいきなり二万超えのBeats Solo3 Wirelessを購入したかというお話。

Beats Solo3Wirelessを購入しようと思ったのか

購入を決めた理由は以下のとおりです。

・見た目が恰好いい。

・音質がとても良く、ノイズを感じない。

・音漏れがない。

ひとめぼれ

一番の要素はひとめぼれでした。

携帯の機種変更のためauショップに行ったところ、Appleの傘下ということもあってなのか店内にBeats Solo3 Wirelessが置いてありました。

夫は元々ガジェット好きでヘッドフォンやイヤホンも自分の好きなものを使っていたのですが、

上記のとおり私は100円均一でよくない?というなんとも適当主義者。

とはいえ100円均一超格安なヘッドフォンとは比べ物にはならないお洒落感。

よくアニメ漫画でつけてるようなお洒落ヘッドフォンって、こういうものなんだろうなぁ~~。

それがBeats Solo3 Wirelessに対する第一印象でした。

しばふさん

あのさぁ、高いヘッドフォンってやっぱりいいの?全然音質とか違うものなの?
うーん、少なくともしばふさんさんが使ってるものよりかはいいと思うけどなぁ。使ってみたら?

夫の勧めもあり、ヘッドフォンを手に取っていざ装着してみたそのとき、衝撃が走りました。

何これ????

全然違くない??????

誰だ、100円均一のでも変わらないとか言ってたやつ。

そんなことを言いたくなるほど、とにかく音質が良い。

ノイズを全く感じない上に密閉感がしっかりとしているので、音漏れがなく音楽に集中できる。

それとiPhoneからBluetoothで繋げるのも楽々なので、ストレスに感じることもない…!

というわけで衝撃を受けた私はそそくさとレジへと並び、購入したのでした――。

使ってみた

中身

同梱物は以下のとおりです。

・Beats Solo3 Wirelessヘッドフォン
・キャリングケース
・3.5 mmのRemoteTalkケーブル
・ユニバーサルUSB充電ケーブル(USB-A – USB Micro-B)
・クイックスタートガイド

Beats Solo3 Wirelessは折りたたんでキャリングケースに収納することが可能です。

▼収納するとこんな感じ。

折りたためるといえど、サイズがサイズなのであまりコンパクトにはなりません。

とはいえ、折りたたんでそのままリュックやカバンに直で入れるよりかはずっといいので、ポーチは非常に有難いお供です。

それとキャリングケースの上部にはカラビナがついているので、リュックの外側につけるのも良いかもしれませんね。

 

実際に使って一か月の感想

夫の感想

・ヘッドフォンではよくある折りたたみができるタイプ。
・専用のポーチもあり収納できるがビジネスバッグにはやや大きい
・1日2日充電を忘れても問題なく使える。
 ※5分の充電で3時間使えるようです。
・ペアリング先がiOSの場合はボタン長押しと同時にデバイスの画面に接続ボタンが表示される。

Bluetooth class1という強力な規格の為、問題なさそう。
・さすがヘッドフォン、音質最高!
・性能に対するコスパは良いのでしょうが、素人目には高価に感じます。

知らない人のiphoneの画面にも表示されてしまうので注意!

出先や在宅中で音楽に没頭する時作業に集中したい時に良いと思いました。
実際に家だけでもなく、量販店でも試してみましたが、耳への装着感・密閉感は十分でした。

それに音質も良いしバッテリーの持ちも良い、mac機器との親和性も良いとストレスフリーです。

ただ、イヤーパッドは小さめなので耳の形次第では長時間の装着は辛いかもしれません。

また、通勤中に常に装着するのは外界の音がほとんど聞こえないので危ないと感じました。

髪型がヘッドフォン形に潰れてしてしまうのが気になってしまったので、

個人的には通勤用ではないと判断しました。

妻の感想

Beats Solo3 Wirelessを作ったBeats ElectronicsはAppleの傘下というだけあって、

非常にApple製品との親和性が高く、iPhoneからつなげるときは殆ど1タッチで出来ます。

これがものすごくありがたい!

それとBluetoothで接続する場合、混雑した場所だと製品によっては途切れてしまうこともあるらしいのですが、このBeats Solo3 Wirelessは新宿や池袋など混雑した場所でも音楽が途切れたりしませんでした。

一方で、個人的にうーん…と思ったのが、夫も書いていたのですが耳への圧が強いこと。

とにかく側圧が強くて、長時間使用していると結構耳が痛くなります…。

こんな人におすすめ

Beats Solo3 Wirelessは、こんな人におすすめです!

おしゃれなヘッドフォンが欲しい
する頻度が高くバッテリーを気にしている方
音質が良くて途切れることのないヘッドホンが欲しい

こんな状態で悩んでいる方は、ぜひ一度試してみてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です